07/23のツイートまとめ

neosyosetu2

ナンディは、両親が遺してくれた、曾祖父の代から受けついできた田畑と、数頭の牛を世話をして、なんとか、日々の暮らしを過ごしていました。
07-23 23:16

あなたのお陰で、私は、大切なことを知りました。
07-23 21:16

ガラーナも、マーカも、マーラも、オサセも、チンで繋がっていると思えば、利益率などというモノは、自分本位な考えでしかない、と思ったからです。
07-23 19:16

また、その癖、自分は、ザギーシの男に、ちょっとだけ良い感じになったりして、今度は、マンディが焼身自殺をしようとするのが、中盤の盛り上がりでした。
07-23 17:16

もともと、マンディの筋が良かったのと、ナンディが手伝っていたのもあって、ナンディのカレー屋は、割とすぐに再開できました。
07-23 15:16

最初、ナンディも、マンディも、快く思わなかったのですが、マーカが作ったカレーを食べて、また、彼の情熱にも負けて、モンナメペンチョを許しました。
07-23 13:16

ある日、ナンディが牛舎に行くと、牛が一頭、死んでいました。
07-23 11:16

また、物語を一部、推敲、改変、しました。
07-23 09:16

貧しくはありますが、月に1度くらいは、焼き肉を食べにいける…そんなささやかな暮らしです。
07-23 07:16

ナンディとマンディが食べていたカレーは、私達が食べているカレーとは、少し違ったカレーなのですが、カレーを食べた時に、ナンディとマンディのことを思い出してあげてみて下さい。
07-23 05:16

続きを読む

07/22のツイートまとめ

neosyosetu2

なので、翻訳にあたり、印象的な単語のいくつかは、原文の読みを片仮名で表記させて頂きました。
07-22 23:17

家族がいれば、分担してできるのだけど…とナンディは、しばしば考えますが、考えても仕方がないことなので、すぐに別のことを考えます。
07-22 21:16

自分は、仕事で夜遅くなることが多いから、それだと非常に助かる。
07-22 19:16

ナンディは考えましたが、答えはでませんでした。
07-22 17:16

その晩は、友人達に事情を話しました。
07-22 15:16

すると、マンディは聞きました。
07-22 13:16

今日は、ちょっと辛かったから、明日はティン(スパイスの一種)を多めにしてみようか…そういうことが、ナンディの楽しみの一つです。
07-22 11:16

マンディは、ナンディの期待を裏切ることなく、良いカレーを作り続けてくれました。
07-22 09:16

「マンナン・ナンマン」というタイトルで、民明書房から発売されております。
07-22 07:16

次にマンディがしたことは、提案です。
07-22 05:16

続きを読む

07/21のツイートまとめ

neosyosetu2

ある日、ナンディが牛舎に行くと、牛が一頭、死んでいました。
07-21 23:17

多くはカットです。
07-21 21:16

しかし、ザギーシは、めげずに、何度も足を運び、また、各店舗にも顔を出しているようです。
07-21 19:16

別に、チンが欲しかった訳じゃあないのですが、自分の味を褒めてくれたのは、嬉しいし、何より、カレーは余りがちだった…ということがありましたので。
07-21 17:16

ナンディは、マンディとガラーナを二人に任せるのは、少し、心配だったのですが、その心配は杞憂でした。
07-21 15:16

それは、かならずしもクオリティーとオリジナリティーは常に連動している訳ではない。
07-21 13:16

マンディは、勿論、そうですが、既に沢山のガラーナやマーカ、有能なマーラ(店長)達…それらの命を預かっている…そう考えると、せめて、頭で考えられることは、精一杯しなくては、いけない。
07-21 11:16

二人は、人を雇うことにしました。
07-21 07:16

もともと、マンディの筋が良かったのと、ナンディが手伝っていたのもあって、ナンディのカレー屋は、割とすぐに再開できました。
07-21 05:16

利益率という意味では、二人でやってた頃に比べると落ちているのですが、それは、仕方がないことなのかな、と、ナンディーは考えました。
07-21 03:16

続きを読む

07/20のツイートまとめ

neosyosetu2

同じ物が沢山ある、量が生み出す説得力、価値観もある。
07-20 23:17

そして、その後、糞を集め、畑に運び、堆肥にするために、積んでおきます。
07-20 21:16

そして、ありがとう。
07-20 19:16

マンディは、もう仕事として、カレーを作る立場にいれなくなり、色んな店舗を回っています。
07-20 17:16

マンディは、勿論、そうですが、既に沢山のガラーナやマーカ、有能なマーラ(店長)達…それらの命を預かっている…そう考えると、せめて、頭で考えられることは、精一杯しなくては、いけない。
07-20 15:16

多くの人が、その考えに至ることはないけど、もしも、そこに到達できたら、きっと、それは、一つの幸せである。
07-20 13:16

なので、最初は、ザギーシを家から追い出し、塩をまきました。
07-20 11:16

ある晩、実は、みんなに内緒で通っていたマンディに相談しました。
07-20 09:16

夕方までは、いつものように畑の仕事と、牛の世話をして、夕方からはカレーを作って、マンディと一緒に食べました。
07-20 07:16

ナンディとマンディが食べていたカレーは、私達が食べているカレーとは、少し違ったカレーなのですが、カレーを食べた時に、ナンディとマンディのことを思い出してあげてみて下さい。
07-20 05:16

続きを読む

07/19のツイートまとめ

neosyosetu2

その男は、オサセ(スパイスを取り扱っている大きな会社)のザギーシ(営業部員)でした。
07-19 23:16

ザギーシ曰く、経営のお手伝いをさせて欲しい。
07-19 21:16

勿論、独りで食べるのですから、少なめに作るのですが、それでも、「美味しく作るにはこれくらいの量は」というラインがあります。
07-19 19:16

均一化とは、個性を消すことであり、マニュアル化とは、個々の能力の否定であると。
07-19 17:16

ナンディは、本当は、二人の名前を屋号に入れたかったのですが、叩度では、『マンナン』という言葉は、「穢れき者は地に堕ちよ」という意味があり、また、『ナンマン』は、「犬にでも喰わせろ」という意味だったので、音の並び的に二人の名前を、看板に乗せることは、ためらわれたのです。
07-19 15:16

それから、ナンディの生活は少しだけ変わりました。
07-19 13:16

自分は、仕事で夜遅くなることが多いから、それだと非常に助かる。
07-19 11:16

全ての命は、繋がっている。
07-19 09:16

叩度以外の国に出店するには、色々とハードルが高いのですが、それは、現実可能な範囲にあることは、二人とも、感じていたことでした。
07-19 07:16

くしくも、それは、二人が最初に雇ったガラーナの息子さんなので、不思議なものです。
07-19 05:16

続きを読む

ベストセラー
姉妹ブログ。
プロフィール

生活人生的人間

Author:生活人生的人間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
劇団ヤルキメデス超外伝 伝外超スデメキルヤ団劇 団劇スデメキルヤ伝外超 病むに病まれてビラの裏 - 文投げ部 清少納言のなごたんブログ~徒然なるままに… ナカノ実験室30歳記念自伝の分解!拡散!再統合! ナカノ実験室30歳記念自伝!分解!拡散!再統合!の後半! 炎上防止注意喚起の記録~炎上は燃えていたか? 点取りくじの発行の記録 タモリボット-髪切った?の記録。 肥満男の楽々ダイエット情報局(やせてモテたい!) 面白い演劇を紹介し隊。 新しい小説の書き方。 京都演劇関係者ブログ補完計画 京都演劇関係者ブログリンク集(京都演劇関係者補完計画) おてがらニュース~世の中の本当に偉い人たち。 美味いカレーライスがあればいーのだ。 幻想小説無限性的人間。