neosyosetu2

マーラにも伝え、ガラーナやマーカにも伝えて、何度も、会議を行いましたが、答えはでません。
06-21 23:46

そして、とても、褒めてくれました。
06-21 21:46

一度、町内会のフグラ(主に児童のためのお祭りのようなモノ)で、自慢のカレーを振る舞ったのですが、それの評判がとても良くて、ナンディは、とても誇らしい気持ちになりました。
06-21 19:46

明日やろう…と思っても、その明日は、いつまでもこないのです。
06-21 17:46

そうした中で、一つの流れができて、「ナンディーのカレー屋さん」は、次々と、新店舗を増やしていきました。
06-21 15:46

これは、自惚れじゃあないですが、私は、多くの人を幸せにすることができたと思います。
06-21 13:46

なので、その分、フットワークが軽いのです。
06-21 11:46

もともと、マンディの筋が良かったのと、ナンディが手伝っていたのもあって、ナンディのカレー屋は、割とすぐに再開できました。
06-21 09:46

家族がいれば、分担してできるのだけど…とナンディは、しばしば考えますが、考えても仕方がないことなので、すぐに別のことを考えます。
06-21 07:46

利益率という意味では、二人でやってた頃に比べると落ちているのですが、それは、仕方がないことなのかな、と、ナンディーは考えました。
06-21 05:46

続きを読む

06/20のツイートまとめ

neosyosetu2

また、物語を一部、推敲、改変、しました。
06-20 23:46

材料の一括調理。
06-20 21:46

ただ、それをキッカケにマンディのように、ナンディのカレーを食べたい、という人が、徐々に増えました。
06-20 19:46

多くはカットです。
06-20 17:46

ただ、それ以上に、人数が増えた頃から、様子が変わってきました。
06-20 15:46

ナンディは、マンディとガラーナを二人に任せるのは、少し、心配だったのですが、その心配は杞憂でした。
06-20 13:46

しばらくの間、マンディは無職なのですが、カレーで蓄えたチンがあったのと、ナンディの暮らしぶりは、そこそこ余裕のある貧しさだったので、そんなに、切迫したモノでは、ありませんでした。
06-20 11:46

すると、マンディは聞きました。
06-20 09:46

牛に草を食べさせても、糞を畑まで運ぶ時間がない。
06-20 07:46

ただ、それをキッカケにマンディのように、ナンディのカレーを食べたい、という人が、徐々に増えました。
06-20 05:46

続きを読む

06/19のツイートまとめ

neosyosetu2

また、大きく味が変わると、店の印象にも関わってくるので、スパイスに関しては、本店の集中製造として、また、月に1度は、マーカとの相談も怠らないようにしました。
06-19 23:46

別に、チンが欲しかった訳じゃあないのですが、自分の味を褒めてくれたのは、嬉しいし、何より、カレーは余りがちだった…ということがありましたので。
06-19 21:46

ただし、お客さんは、増え続け、行列ができるようになり、営業時間を延ばしたり、色々と、工夫をしましたが、徐々に、来たけど食べれないお客さんが、ちょろちょろ出るようになりました。
06-19 19:46

勿論、それだけでは足りませんので、草刈りにでかけ、そして、牛たちに食べさせます。
06-19 17:46

二人で食べる分には、少ない量だったので、自分の分は小盛りにして、マンディの分は大盛りにしてあげました。
06-19 15:46

ナンディは、朝起きると、朝ご飯を食べ、先ず、庭先の家庭菜園の水やりを行い。
06-19 13:46

ナンディは、本当は、二人の名前を屋号に入れたかったのですが、叩度では、『マンナン』という言葉は、「穢れき者は地に堕ちよ」という意味があり、また、『ナンマン』は、「犬にでも喰わせろ」という意味だったので、音の並び的に二人の名前を、看板に乗せることは、ためらわれたのです。
06-19 09:46

ナンディは、マンディとガラーナを二人に任せるのは、少し、心配だったのですが、その心配は杞憂でした。
06-19 07:46

衛生面や内装に力を入れたり、色々なことが必要となっていたのでした。
06-19 05:46

牛と畑の世話は、夕方までナンディでやり、カレーの方は、マンディとガラーナ(アルバイト、パート、もしくはフリーター)に任せました。
06-19 03:46

続きを読む

06/18のツイートまとめ

neosyosetu2

ナンディは、朝起きると、朝ご飯を食べ、先ず、庭先の家庭菜園の水やりを行い。
06-18 23:46

話は、多岐に渡りました。
06-18 21:46

マンディは、外に働きに出ているので、ナンディのような牛や田畑という財産はありません。
06-18 19:46

ナンディは、マンディが来そうな日は、多めに作っていたりしたのですが、それが空振りに終わると、「ひぃ」と言いながら、多めのカレーを食べるしかないようになりました。
06-18 17:46

あなたのお陰で、私は、大切なことを知りました。
06-18 15:46

ナンディは、マンディに、晩御飯を食べていくよう誘いました。
06-18 13:46

また、人それぞれ参加意識の違いにナンディは、歯がゆさを覚えたのですが、人は、そんなものだと、マンディは、諭してくれました。
06-18 11:46

最初、ナンディも、マンディも、快く思わなかったのですが、マーカが作ったカレーを食べて、また、彼の情熱にも負けて、モンナメペンチョを許しました。
06-18 09:46

牛舎の回りは、糞だらけになりました。
06-18 07:46

マンディは、ナンディの期待を裏切ることなく、良いカレーを作り続けてくれました。
06-18 05:46

続きを読む

06/17のツイートまとめ

neosyosetu2

「マンナン・ナンマン」というタイトルで、民明書房から発売されております。
06-17 23:46

ナンディは、そう思いました。
06-17 21:46

明日やろう…と思っても、その明日は、いつまでもこないのです。
06-17 19:46

ナンディは、本当は、二人の名前を屋号に入れたかったのですが、叩度では、『マンナン』という言葉は、「穢れき者は地に堕ちよ」という意味があり、また、『ナンマン』は、「犬にでも喰わせろ」という意味だったので、音の並び的に二人の名前を、看板に乗せることは、ためらわれたのです。
06-17 17:46

ナンディは、マンディとガラーナを二人に任せるのは、少し、心配だったのですが、その心配は杞憂でした。
06-17 15:46

そして、ナンディのカレーの仕事は、自分が引き受ける、と言うのです。
06-17 13:46

一度、町内会のフグラ(主に児童のためのお祭りのようなモノ)で、自慢のカレーを振る舞ったのですが、それの評判がとても良くて、ナンディは、とても誇らしい気持ちになりました。
06-17 11:46

それは、例えば、利益率が落ちている…ということです。
06-17 09:46

是非、モンナメペンチョ(のれん分け)させて欲しい。
06-17 07:46

二人で食べる分には、少ない量だったので、自分の分は小盛りにして、マンディの分は大盛りにしてあげました。
06-17 05:46

続きを読む

ベストセラー
姉妹ブログ。
プロフィール

生活人生的人間

Author:生活人生的人間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
劇団ヤルキメデス超外伝 伝外超スデメキルヤ団劇 団劇スデメキルヤ伝外超 病むに病まれてビラの裏 - 文投げ部 清少納言のなごたんブログ~徒然なるままに… ナカノ実験室30歳記念自伝の分解!拡散!再統合! ナカノ実験室30歳記念自伝!分解!拡散!再統合!の後半! 炎上防止注意喚起の記録~炎上は燃えていたか? 点取りくじの発行の記録 タモリボット-髪切った?の記録。 肥満男の楽々ダイエット情報局(やせてモテたい!) 面白い演劇を紹介し隊。 新しい小説の書き方。 京都演劇関係者ブログ補完計画 京都演劇関係者ブログリンク集(京都演劇関係者補完計画) おてがらニュース~世の中の本当に偉い人たち。 美味いカレーライスがあればいーのだ。 幻想小説無限性的人間。