06/16のツイートまとめ

neosyosetu2

ナンディとマンディは、そう考えるようになった頃に、丁度、マーカ(正社員)に昇格したガラーナの1人が提案してきました。
06-16 23:46

お弁当を作ったら、畑に出かけます。
06-16 21:46

だけど、それで、牛や畑の世話が疎かになれば、ギリゴ(本末転倒)だ。
06-16 19:46

ナンディは、その提案を受けました。
06-16 17:46

自分のカレーを求めてくれる人がいるのは、嬉しい。
06-16 15:46

なので、翻訳にあたり、印象的な単語のいくつかは、原文の読みを片仮名で表記させて頂きました。
06-16 11:46

ナンディとマンディは、夕方まで畑と牛の世話をして、夕方からカレーを二人分作り、二人で食べます。
06-16 09:46

「ナンディのカレー屋さん」のポチム(社長)は、既に、マーラの1人が受け継ぎました。
06-16 07:46

「マンナン・ナンマン」というタイトルで、民明書房から発売されております。
06-16 05:46

明日やろう…と思っても、その明日は、いつまでもこないのです。
06-16 03:46

続きを読む

06/15のツイートまとめ

neosyosetu2

ある晩、実は、みんなに内緒で通っていたマンディに相談しました。
06-15 23:46

次にマンディがしたことは、提案です。
06-15 21:46

利益率という意味では、二人でやってた頃に比べると落ちているのですが、それは、仕方がないことなのかな、と、ナンディーは考えました。
06-15 19:46

ガド(回覧板)を持ってきてくれたのでした。
06-15 17:46

ご飯も、米と鍋と水の関係で、2ペナ(1合くらいの量)くらいは、炊かないと駄目で、カレーも、ご飯も、余りがちです。
06-15 15:46

だいたい8人前くらいまでは、そんなに、手間は変わらなくて、材料費等々の関係で、チンは、少しずつ増えてきました。
06-15 13:46

ナンディは、それを楽しそうに聞いていました。
06-15 11:46

マーラにも伝え、ガラーナやマーカにも伝えて、何度も、会議を行いましたが、答えはでません。
06-15 09:46

彼の両親は、彼が子どもの頃に他界し、育ててくれた祖母も少し前に他界してしまったので、ナンディは、本当に1人の若者でした。
06-15 07:46

ナンディは、本当は、二人の名前を屋号に入れたかったのですが、叩度では、『マンナン』という言葉は、「穢れき者は地に堕ちよ」という意味があり、また、『ナンマン』は、「犬にでも喰わせろ」という意味だったので、音の並び的に二人の名前を、看板に乗せることは、ためらわれたのです。
06-15 05:46

続きを読む

06/14のツイートまとめ

neosyosetu2

ナンディとマンディが食べていたカレーは、私達が食べているカレーとは、少し違ったカレーなのですが、カレーを食べた時に、ナンディとマンディのことを思い出してあげてみて下さい。
06-14 23:46

それは、ちょっと量が多くなりがち…ということでした。
06-14 21:46

ブームが去る前に再会できて良かったな、と二人は思いました。
06-14 19:46

なんとかしなければいけない。
06-14 17:46

利益率という意味では、二人でやってた頃に比べると落ちているのですが、それは、仕方がないことなのかな、と、ナンディーは考えました。
06-14 15:46

次の日から、ナンディは、畑の仕事と牛の世話をやりながら、考え出しました。
06-14 13:46

ナンディは、両親が遺してくれた、曾祖父の代から受けついできた田畑と、数頭の牛を世話をして、なんとか、日々の暮らしを過ごしていました。
06-14 11:46

ナンディは、朝起きると、朝ご飯を食べ、先ず、庭先の家庭菜園の水やりを行い。
06-14 09:46

案外、人生は、そういうモノかな、と、二人は思います。
06-14 07:46

ザギーシが言うには、先ず、スパイスの調合を我々に任せて欲しいとのこと。
06-14 05:46

続きを読む

06/13のツイートまとめ

neosyosetu2

自分は、多くの人と関係している。
06-13 23:46

別に、チンが欲しかった訳じゃあないのですが、自分の味を褒めてくれたのは、嬉しいし、何より、カレーは余りがちだった…ということがありましたので。
06-13 21:46

高性能な冷蔵庫もありませんので、次の日の朝ご飯に残そうにも、腐ってしまうことがあります。
06-13 19:46

くしくも、それは、二人が最初に雇ったガラーナの息子さんなので、不思議なものです。
06-13 17:46

ナンディは、マンディが来そうな日は、多めに作っていたりしたのですが、それが空振りに終わると、「ひぃ」と言いながら、多めのカレーを食べるしかないようになりました。
06-13 15:46

看板には、「カレー屋のナンディさん」と書きました。
06-13 13:46

同じ物が沢山ある、量が生み出す説得力、価値観もある。
06-13 11:46

また、大きく味が変わると、店の印象にも関わってくるので、スパイスに関しては、本店の集中製造として、また、月に1度は、マーカとの相談も怠らないようにしました。
06-13 09:46

水やり、草取りを手早くすませ、草は、牛に食べさせます。
06-13 07:46

それは、ちょっと量が多くなりがち…ということでした。
06-13 05:46

続きを読む

06/12のツイートまとめ

neosyosetu2

貧しくはありますが、月に1度くらいは、焼き肉を食べにいける…そんなささやかな暮らしです。
06-12 23:46

それから、ナンディの生活は少しだけ変わりました。
06-12 21:46

フランチャイズ化。
06-12 17:46

その間、ナンディは、静かに考えてました。
06-12 15:46

本当は、それらの恋愛要素がメインの昔話で、ラストシーンも(原文では)ナンディとマンディが、しおれた仁王様を兜合わせさせる、という内容だったのですが、児童文学には相応しくないという大人の事情でカットされることになりました。
06-12 13:46

ナンディの日々の楽しみの一つは、晩御飯にカレーを作ることと、食べることです。
06-12 11:46

もともと、ナンディは、チンにそんなに執着はなかったので、利益率自体は、そんなに、気にしてなかったのですが、そういう部分で油断すると、やがて破綻をもたらす…それは、あの日、牛が教えてくれたことなのです。
06-12 09:46

別に、チンが欲しかった訳じゃあないのですが、自分の味を褒めてくれたのは、嬉しいし、何より、カレーは余りがちだった…ということがありましたので。
06-12 07:46

マンディと、ちょっとした世間話をしていると、「ぐぅ」とマンディのお腹が鳴りました。
06-12 05:46

多くはカットです。
06-12 03:46

続きを読む

ベストセラー
姉妹ブログ。
プロフィール

生活人生的人間

Author:生活人生的人間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
劇団ヤルキメデス超外伝 伝外超スデメキルヤ団劇 団劇スデメキルヤ伝外超 病むに病まれてビラの裏 - 文投げ部 清少納言のなごたんブログ~徒然なるままに… ナカノ実験室30歳記念自伝の分解!拡散!再統合! ナカノ実験室30歳記念自伝!分解!拡散!再統合!の後半! 炎上防止注意喚起の記録~炎上は燃えていたか? 点取りくじの発行の記録 タモリボット-髪切った?の記録。 肥満男の楽々ダイエット情報局(やせてモテたい!) 面白い演劇を紹介し隊。 新しい小説の書き方。 京都演劇関係者ブログ補完計画 京都演劇関係者ブログリンク集(京都演劇関係者補完計画) おてがらニュース~世の中の本当に偉い人たち。 美味いカレーライスがあればいーのだ。 幻想小説無限性的人間。